M&A

【2017年度】M&A仲介会社の調剤薬局M&A状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大手M&A会社の調剤薬局M&Aは38件

業界再編のM&Aが最も盛んに起きている業界は調剤薬局であることは、既にご説明致しました。

M&Aが活況な調剤薬局の業界構造と課題とは

具体的にはどの程度のM&Aが行われているのでしょうか。大手M&A仲介会社の成約情報を分析すると、2017年は38件の調剤薬局のM&Aが行われたことが明らかになっています。この案件数に中小のM&A会社の数字を含めると50件前後になると推測されます。

一番成約件数が多いのは、M&Aキャピタルパートナーズだと考えられます。調剤薬局の案件としては公表をしていませんが、20件近くを成約していると考えられます。その次に多いのが日本M&Aセンターの11件。そしてストライクの7件となっています。この数字に加えて、新興のM&AアドバイザリーのFUNDBOOK、調剤薬局のM&A専門のMACアドバイザリーなどの案件を加えると50件近くになると推察されます。

 

中堅調剤薬局のM&Aが増加

調剤薬局業界ではこれまで、比較的小規模企業の事業承継としてM&Aが選択されていたこともあり、2000年代後半までは比較的規模の小さなM&Aが行われていました。

ところが、2010年に東邦HDによるメディカルブレーン(福岡県)の買収やクオールによるテイオーファーマシーグループ(中国・四国地方)の買収など、年商10億円以上の会社のM&Aが置きました。これらの買収を皮切りとして、2012年のマツモトキヨシによる士野薬局(石川県)の買収(13店舗)、2013年のメディカルシステムネットワークによるトータル・メディカルサービス(福岡県)の買収(35店舗)などが行われています。公表ベースでは、2016年におコン割れたJ-STARによるアイセイ薬局の買収(316店舗)が最も大きく、その次に、2016年11月のアインホールディングスによる葵調剤薬局の買収(115店舗)、2017年7月の阪神調剤ホールディングスによるメディカルかるがもの買収(60店舗)と続いています。

 

小規模の調剤薬局は中堅調剤薬局がターゲットに

中堅の調剤薬局のM&Aが増えているのは事実ですが、中堅のM&Aの買い手は大手企業がメインとなっています。一方で売上10億円〜20億円規模の中堅の調剤薬局から1店舗の調剤薬局を買いたいというオファーも増えています。1店舗の調剤薬局でM&Aが可能なのは、年間の処方箋枚数が8,000枚以上の調剤薬局です。年間8,000枚であれば1名の薬剤師で運営が可能なため、赤字になっている可能性も少ないと考えられます。

一方大手の調剤薬局では、1万枚以上の調剤薬局を買いたいというニーズが強いため、中堅の調剤薬局でM&Aをしたい企業にとっては、8000枚〜10000枚の調剤薬局であればM&Aのチャンスがあると言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料事例集:「M&A2.0」時代の戦略とは

2017年以降のM&Aは、事業承継、業界再編メインの「M&A1.0」の時代から、企業成長・ビジョン実現のための「M&A2.0」に突入しています。

本書は、弊社および提携パートナーにて行った最新のM&A事例を紹介しながら、

・今後のM&Aの方向性

・具体的なM&A事例

・M&Aの注意点

など、「M&A2.0」の時代の経営戦略について網羅した内容となっています。

是非、貴社の今後の経営方針の策定にお役立てください。

M&A事例をダウンロード

コメントを残す

*