M&A

「売るのが惜しい」がM&Aの最適タイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

M&Aに最適なライフサイクルは「成長期」

事業のライフサイクルには、導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つのサイクルがあります。

導入期は、あるサービスが市場に投入されたばかりの時期であり、徐々に販売量が伸びていくタイミングなので、参入企業数も限られています。事業としても利益が出ておらず、ITのメディア事業などを除いてこのタイミングでのM&Aでは、企業価値がつかない場合が多くなっています。従って、このタイミングでのM&AはバイオやITなど製品はいいがマネタイズができないというものに限られるでしょう。

次に成長期は、市場が大きく拡大していく時期であり、売上も大きく上がっていきます。利益も計上し始めることができますが、資本投下も必要なタイミングで、会社がお金を残すことは難しいタイミングです。

そこで、大きく成長を遂げている成長期のタイミングで会社がM&Aをすることが重要です。M&Aによって経営者は今後の拡大に向けてのリスクも開放され、大手の資本で積極的な資本投下が可能になります。更には大手グループであれば、人材不足も解消されたり、成長期で課題になりがちな管理部門や企画部門を強化することも可能です。

成熟期では、売上の成長も安定的にあり、利益も安定しますが、ここで生き残ることが出来るだけの地位がなければ、その企業は成長期よりも低い評価でM&Aするか、そのまま生き残りをかけて苦労するしかありません。

このタイミングでも利益を安定的に出すことができていれば、業界上位の会社であれば「買う側」、そうでなければ「売る側」になることが懸命です。ここがM&Aの最後のタイミング。ここまでにどちら側にもついていなければ、会社は衰退期の中で事業のライフサイクルと共に、衰退していくことは必然です。

 

M&Aは「売るのが惜しい」というタイミングが大正解

私のところに相談にいらっしゃる経営者の方も、成長期の業界にいらっしゃる方は「このタイミングで企業を手放すのは本当に正しいのだろうか」「いま手放すのは惜しい」と悩まれています。

私がいつもアドバイスをするのが、「常に売るのが惜しいという今が最適なタイミングだ」ということです。そのまま運営しましょうとなることはあまりありません。

M&Aは企業対企業の交渉事だけで終わるものではありません。マクロ経済の環境、技術や市場のトレンド、業界環境、個々の企業環境が合わさって成功するものです。従って、景気がよくM&Aの件数が伸びており、企業業績も良い今は特にM&Aを成功させる角度が高まります。

更には企業の運営については明日何があるかが分からないほど競争環境の変化が早くなっています。ハーバード大学ビジネススクールのクレイトン・クリステンセンが「イノベーションのジレンマ」で取り上げたように、優良企業と言われた企業が新しい技術の登場によって破壊されてきた事実は、多くの経営者ならご存知のはずです。そのため、今収益性が良いとしたら、M&Aにはうってつけのタイミングであると言えます。

他にも昨今のメーカーのように業界内で不祥事が起きたタイミングでは、他の企業にもその懸念が波及し、自社が不祥事に関与していなくても企業価値が下がってしまったり、M&A自体が成立しなくなるリスクもあります。

このように、M&Aというものは企業が「売るのが惜しい」というタイミングこそが価格が最大化され、いくつもの買手から自社に最適な買手をピックアップし、事業を更に成長させていくことができるのです。この点は、譲渡企業の経営者の方には忘れないでいただきたい重要なポイントです。

次回は、このような成長期の企業の価値評価をどのように行うかについて取り上げていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料事例集:「M&A2.0」時代の戦略とは

2017年以降のM&Aは、事業承継、業界再編メインの「M&A1.0」の時代から、企業成長・ビジョン実現のための「M&A2.0」に突入しています。

本書は、弊社および提携パートナーにて行った最新のM&A事例を紹介しながら、

・今後のM&Aの方向性

・具体的なM&A事例

・M&Aの注意点

など、「M&A2.0」の時代の経営戦略について網羅した内容となっています。

是非、貴社の今後の経営方針の策定にお役立てください。

M&A事例をダウンロード

コメントを残す

*