M&A

中期経営計画でM&Aを掲げる企業が増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ライオンや青山商事がM&Aを打ち出した

直近の経済環境を反映し、日本企業のM&Aが増加しているのはこれまでにも数多く取り上げてきました統計から見ても明らかです。その流れを受けて、中期経営計画にもM&Aの重要性を掲げる企業が増加しています。

ライオンでは、海外市場の拡大のために、EC事業やM&Aを活用することを掲げています。今後の4年間で売上高を600億円積み上げる方針となっており、M&Aは不可欠であると考えられます。

青山商事では、総合リペアサービス領域を中心にM&Aを検討しているようです。柱となるのは彼らが投資ファンドから買収をしたミスター・ミニットとなり、シェアリングを含めてリペア業界への拡大を狙っていると考えられます。また傘下の印刷会社であるアスコンでもM&Aおよび業務提携を活用し、事業領域を拡大することを目指しています。

JTでは、これまで続けてきた海外のタバコ事業のM&Aを掲げています。JTは直近、タバコメーカーのアメリカン・スピリットを買収しており、低迷する国内市場ではなく成長が続く海外市場での市場シェア拡大を目指しています。特にタバコ市場では東南アジアの成長が著しいため、このエリアでのM&Aは活発化すると考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料事例集:「M&A2.0」時代の戦略とは

2017年以降のM&Aは、事業承継、業界再編メインの「M&A1.0」の時代から、企業成長・ビジョン実現のための「M&A2.0」に突入しています。

本書は、弊社および提携パートナーにて行った最新のM&A事例を紹介しながら、

・今後のM&Aの方向性

・具体的なM&A事例

・M&Aの注意点

など、「M&A2.0」の時代の経営戦略について網羅した内容となっています。

是非、貴社の今後の経営方針の策定にお役立てください。

M&A事例をダウンロード

コメントを残す

*