M&A

【2017年】IT業界の株式評価額は2017年度20%以上上昇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

世界のIT業界のM&A評価額は急騰

ロイターと日本経済新聞社がまとめたデータによると、2017年1月〜9月までのIT業界のM&Aの株式評価額は、EBIT倍率で20.9倍にまで上昇していることが分かりました。

これは2000年のITバブルの時代の評価額を超えており、高額なM&Aが増加していると言えます。特に自動運転やAI、フィンテックなどの注目領域で、高い評価額でも囲い込みのM’Aが増加していることが要因となっています。

2017年1月〜9月までのお世界のIT業界のM&A件数は5175件となっており、これも過去最高水準となっています。EV/EBIT倍率は2000年の18.8倍、リーマンショック前の2015年の19.8倍を超えてはじめて20倍を超える水準になっています。

大規模案件においては、インテルがイスラエルの先進運転支援システムのモービルアイに1.7兆円投じた案件では、EV/EBIT倍率が118倍。バンティブが1.2兆円をイギリスのワールドベイ投じた案件ではEV/EBIT倍率は25.2倍。ヘルマン・アンド・フリードマンがデンマークのネッツに7140億円を投資した案件では、EV/EBIT倍率が23.5倍になっています。

 

実態の伴うバリュエーションとなってきた

日本経済新聞社のインタビューに対して、ボストン・コンサルティング・グループの加来氏は「実態の伴っていなかったITバブル時代とは異なり、現在では利益成長やシナジーが見込める企業が多く、価格には正当性がある」と述べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料事例集:「M&A2.0」時代の戦略とは

2017年以降のM&Aは、事業承継、業界再編メインの「M&A1.0」の時代から、企業成長・ビジョン実現のための「M&A2.0」に突入しています。

本書は、弊社および提携パートナーにて行った最新のM&A事例を紹介しながら、

・今後のM&Aの方向性

・具体的なM&A事例

・M&Aの注意点

など、「M&A2.0」の時代の経営戦略について網羅した内容となっています。

是非、貴社の今後の経営方針の策定にお役立てください。

M&A事例をダウンロード

コメントを残す

*