M&A

【2018年版】事業引継ぎ支援センターの実績推移【成約率8%】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

事業引継支援センターの成約率は8%

独立行政法人中小企業基盤整備機構は、2018年6月25日、平成29年度の事業引継ぎ支援センターの成果を公表しました。

 

平成29年の相談者社数は8,526社となっており、昨年度の6,293社から約2,300社増加しました。増加率としては、前年比35.4%増加しています。平成27年から平成28年の増加率は27%であったので、各地域における事業承継が国を挙げて進んでいることがわかります。

 

一方で、成約率はどうなっているでしょうか。

引継ぎ完了件数は、平成29年が687件、平成28年が430件となっています。つまり、成約率は平成29年が8.0%、平成28年が6.8%ということです。

 

この数字は一般的なM&A仲介サービスを手がける企業よりは大きく低い水準であると言えます。ただし、国の支援なので手数料がないことを考えると、時間がかかってもいいから、手数料をとにかく安く抑えたい方に向けたサービスとして、今後も利用されていくと考えられます。

 

出典:独立行政法人中小企業基盤整備機構資料より弊社作成

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料事例集:「M&A2.0」時代の戦略とは

2017年以降のM&Aは、事業承継、業界再編メインの「M&A1.0」の時代から、企業成長・ビジョン実現のための「M&A2.0」に突入しています。

本書は、弊社および提携パートナーにて行った最新のM&A事例を紹介しながら、

・今後のM&Aの方向性

・具体的なM&A事例

・M&Aの注意点

など、「M&A2.0」の時代の経営戦略について網羅した内容となっています。

是非、貴社の今後の経営方針の策定にお役立てください。

M&A事例をダウンロード

コメントを残す

*